こんなお悩みありませんか?

− TROUBLE −

trouble-bc2.png

ホテルや劇場、教育など場所のビジネス

    コロナによって人が一か所に集まることが難しく
    なったが、
顧客に代替サービスを提供して維持したい

trouble-img01.png
trouble-bc2.png

イベント・展示

    コロナによって展示会ができなくなったため

    VR展示をしたい

trouble-img02.png
trouble-bc2.png

コロナ、リモートワーク

    リモートワークで雑談などの
    コミュニケーションが減ってしまった
ために、
    VRコミュニケーションソフトウェアの必要性がある

trouble-img03.png

これらのようなお悩みを抱えていらっしゃる場合は、
スマホ対応のWeb VR/AR製作を承る Level Enter にお任せください。

当社のWeb VR技術は、アプリダウンロードをせずにスマホVRとWebを統合するため、
オンライン化不可能といわれたビジネスモデルにも
オンラインの導線を提供することが可能です。

WebVRの製作は、当社が提案する製作ソフト
「BLOCKVROCK」を使えば、どなたでも可能です。

さらに、VRからWebへのリンクなど本格的なビジネスニーズに対応した
WEB+VRのオンラインシステムはプロにご相談いただくのが一番です。

Level Enter にご依頼下されば、WebVR開発はもとよりそこからWebシステムや
ECサイトへ繋ぐVR+Webの新しいオンライン化をワンストップでご提供可能です。

online-sys-bg.png

スマホVRとそれにつながるオンラインシステムを、
オールインワンでご提案できます

case-bg2.png


VRの活用事例

− CASE −

事例01.

ハコスコ様 金剛力士隊

※こちらの事例に関しては、下記のリンク先をご確認ください。

https://hacosco.com/2020/10/geidaiarts2020-kongo/

事例02.

デジタルハリウッド大学様
2020年 デジタルコンテンツエキスポ出展作品

デジタルハリウッド大学様からのご依頼でした。
デジタルコンテンツEXPO2020への出展に向け、リアルタイムデジタルアートの配信実験を行う
とのことでした。その配信実験に、Peatix、ハコスコ、そして当社のBLOCKVROCKが活用さ
れたのです。QRコードをスマホで読み取り、ハコスコを装着すれば、BLOCKVROCKのVR空間
を満喫できます。
コロナの影響によって、直接会場に足を運べないことも多い世の中となってしまいました
が、VRの技術を駆使することでオンラインでの展示会を実現できました。

事例03.

NECソリューションイノベータ様
オンライン研修イベント

ディスカッション・グループワークベースの研修を完全VR化。
VRの没入感や、自然なBGM、落ち着くシーンを選ぶことで、オンラインなのに自然なグループ
ワークができました。
音声が、距離や向きによって変わることで、自然な雑談を生み出す効果がえられました。

plan-bg.jpg


ご利用プラン・料金

− PLAN −

ベーシックプラン

5コンテンツ制作275,000円(税込)

プレミアムプラン

5コンテンツ管理サーバー機能制作1,100,000円(税込)

※保守費・サーバー費用は除く金額です。

※3Dモデルなどは除く金額です。

※機能要件によっては、別途カスタマイズ費をお見積もりいたします。

voice-bg.jpeg


お客様の声

− VOICE −



お客様の声:01

要件定義ミーティングをしながらプロトタイプがリアルタイムに
でき上がるため、イメージにぴったりのものができました。




お客様の声:02

見積もりや制作の流れがとてもスムーズで、
対応が早いため予定を大きく繰り上げることができました。




お客様の声:03

ブラウザで訴求力のあるVR・ARができ、
ヘッドマウントディスプレイがいらないのは驚きでした。




お客様の声:04

思っていたことがベーシックプランで全て実現でき、
大変安価に実現することができました。

online-sys-bg.png

「この業態はオンライン化は無理だろう」と思っていても
スマホVRならオンラインの可能性があります!

faq-bg.jpg


よくある質問

− FAQ −

Q

VRの操作は難しいですか?

A

当社が制作するWebVRは、QRコードを読み込むだけで利用できます。小学校低学年の児童がすぐに操作できるほど簡単です。

Q

VRの操作はスマホで可能ですか?

A

VRはスマホで操作可能です。

Q

VRを使用するにあたってどういった機材が必要ですか?

A

スマートフォン、タブレット、PC、VR用のヘッドマウントディスプレイのいずれか一つがあればVRやARを利用できます。

Q

VRではどのようなものを見せられますか?

A

下記のようなものを制作することができます。

・オリジナルの3Dモデルによる建物や空間を自由に動き回るVR

・360度カメラで撮った、画像や動画を自由に見るVR

・カメラの前にあたかも存在するかのようなAR

・位置や画像に従って物体を飛び出させるAR

online-sys-bg.png

アフターコロナにも活かせるオンライン化をスマホVRで!

− CONTACT −

お問い合わせ

サービス内容、料金体系、
体験のお申し込み、採用など、お気軽にお問い合わせください。
​「 * 」マークが付いている項目は入力必須項目です。
​後ほど担当者よりご返信させていただきます。
お問い合わせ

送信ありがとうございました。

担当者からのご返信をお待ちください。

 


会社概要

− COMPANY −

A-frame構築の依頼をお考えならLevelenterへ

会社名
株式会社レベルエンター


住所
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-3-18 広尾オフィスビル 11F


Tel
03-6869-0174


Mail
info@levelenter.com

業務内容

  • ITおよびプログラミング教育

  • ​ソフトウェア開発請負

  • ​ソフトウェアサービス企画、制作、販売


URL
https://www.levelenter.com/