WebAR開発はお任せ!アプリやQRコードから簡単に体験できるWebARとは

「医療現場の様子を遠方から確認したい」

「教育現場の様子を多くの方々に閲覧してもらいたい」

「スポーツ観戦を遠方でも楽しめるようにしたい」

というケースでWebARが活躍しています。

 

WebARのメリットは、その場にいなくても同じような体験ができることです。用途も非常に幅広いので、色々な分野で開発が進んでいます。こちらでは、WebARについてまとめました。

ARとは?開発が進んでいるWebAR

ARはAugmented Realityの略で、日本語訳にすると「拡張現実」となります。
VRの仮想空間とは違い、現実世界を再現できるものなので、さらに用途が広がったという意見が多いです。
開発が進み、現在は下記のような分野でARが使用されています。

 

  • 教育

  • 旅行

  • ゲーム

  • スポーツ

  • 料理

例えば、遠方で開催される塾やセミナーに参加したい場合、ARならあたかも同じ空間にいるような感覚で参加することができます。
その他、旅行気分を味わったり、料理映像を楽しんだりなど、様々なシーンで利用することが可能です。

また、特に開発が進んでいるのがゲーム分野です。
実際に存在する街との融合で楽しめるゲームなど、現実空間を採用したゲームは高い人気を誇っています。

他にも、ARなら自宅に家具やインテリアを設置できるシミュレーションが可能です。
これにより、購入前にどのくらいのサイズ感かわかるようになりました。
近年ではブラウザ上でも体験できるWebARが開発され、さらなる注目を集めています。

WebARとは?QRコードやアプリからアクセスして体験可能に!

 WebARは従来のARとは違って、専用機器などを使用せず、簡単にタブレット端末などから確認できます。スマホやパソコン、タブレットを使うことで拡張現実を再現できるのです。

 

Web上で確認できるということは、ホームページ、QRコード、アプリなどからアクセスして簡単に閲覧できるということです。

これにより、今まで以上にWebARの需要度が高まってきています。

 

特に大型家具やインテリアなどは購入する前に、お部屋に合うのか知りたい方も多いです。WebARを使って、自宅にいながらシミュレーションできるのはとても魅力的といえるでしょう。

 

また、コロナの影響で外出が難しくなり、アミューズメントパーク(水族館や動物園など)の来場者数が減少してしまっています。

そんな時にWebARを使うことで、QRコードやアプリから実際に動物園や水族館に訪れているような映像を堪能できる点も人気です。現場にいるような臨場感を満喫することができます。

 

WebARは開発が進み、対応可能なブラウザも増えています。

 

ARデモ体験

様々な分野で活躍するWebARの開発はLevelenterへ

WebARの開発は多分野で進んでいますので、今後さらに増えていくことが予想されます。


WebARを導入し、体験型のコンテンツを用意することで、今までアピールできなかった遠くのお客様に対しても働きかけることができます。
LevelenterではWebARの開発もサポートしています。専用アプリをインストールすることなく、スマートフォンの標準機能(QRコードなど)だけで利用できるので非常に便利です。WebARによる商品・サービス提供に興味がある方は、ぜひLevelenterへご相談ください。

WebAR開発を任せるならLevelenter

会社名
株式会社レベルエンター


住所
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-3-18 広尾オフィスビル 11F


Tel
03-6869-0174


Mail
info@levelenter.com

業務内容

  • ITおよびプログラミング教育

  • ソフトウェア開発請負

  • ソフトウェアサービス企画、制作、販売


URL
https://www.levelenter.com/

​Level Enter inc.

LINKS
ABOUT

info@levelenter.com

Tel: 03-6869-0174

〒150-0012 東京都渋谷区1-3-18

​広尾オフィスビル11F

SOCIAL
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon

© 2023 by Polystat. Proudly created with Wix.com