春、千葉工業大学 先進工学部未来ロボティスク学科に進学する ロボット大好き女子の中川彩香さん(クラーク記念国際高等学校3年)に 高校生活、大学受験での経験を中心にロボットづくりへの想いについて語ってもらった。
(インタビュー日:2017.2.7 公開日:2017.4.13)

​大学受験合格おめでとうございます!

ありがとうございます!

中川さんは工業大学に進学されるとのことですが、どんな理由で理系の大学を選びましたか?

私は昔からずっとモノづくりに興味があったので、工業大学に進学したいと考えました。

そうなんですね。専攻は先進工学部未来ロボティスク学科。

カッコイイ学科名ですね。どうしてこの学部を選んだのですか?

はじめは受験する学部を機械工学かロボット工学かで迷っていたのですが、機械工学は自動車や飛行機などモノをつくる用途や分野がある程度絞られているのに対して、外観から機能までトータルでデザイン出来るロボット工学に魅力を感じて専攻を決めました。ロボット工学の面白さについて知るうえで、高校2年生のときに受講したレベルエンターの授業がとても参考になりました。

レベルエンターの授業がきっかけの1つになれたとのこと、とても嬉しいです。中川さんはいくつかの授業を受講されたと思いますが、特に印象的だった授業は何ですか?

1番興味深かったのは、自分たちでロボットを動かす授業です。ブロックで出来たロボットにプログラミングの技術を使って動作をつけるという内容でしたが、自分でセンサーを付ける場所を決めたりロボットの動作を決めたりと自由にデザインすることが出来て、ロボットをつくる面白さを体感することが出来ました。受講する前はプログラムを書くことに対して専門的な知識が必要でとにかく文字を打つというイメージだったのですが実際はパネルなどを使って知識が無い人でもロボットづくりに取り組むことが出来るのだと知ることが出来て、とても楽しかったです。

中川さんたちのグループはとてもユニークなロボットをつくっていましたよね(笑)。

床に書いてある白や黒の色を認識して動くプログラムがベースだったのですが、私たちのグループはとにかくロボットに「かっこよく謝らせたい」と思って(笑)。黒色を認識すると「I’m sorry.」と音声を出しながら進むロボットをつくりました(笑)。

なかなか独創的で面白いロボットでしたね。ロボットづくり以外にはJavaScriptというプログラム言語を使ってスマートフォンの壁紙をつくるコンピュータを利用した授業などもありましたが、中川さんはもともとコンピュータに興味はありましたか?

そうですね、コンピュータは親の影響で以前から慣れ親しんでいました。WordやExcel、PowerPointなどのソフトは高校の授業でもレポート作成や発表でよく使っていましたが、コンピュータ自体の専門的な勉強をしようと考えたことはありませんでした。JavaScriptも授業で初めて知ったのですが、未経験の私でもプログラミング言語でスクリプトを書いて画面をつくることが出来ることに驚き、とても楽しかったです。進学が決まってからはコンピュータ自体にも興味が出てきて、入学に向けていろいろ勉強しようと思っています。

​Level Enter inc.

LINKS
ABOUT

info@levelenter.com

Tel: 03-6869-0174

〒150-0012 東京都渋谷区1-3-18

​広尾オフィスビル11F

SOCIAL
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon

© 2023 by Polystat. Proudly created with Wix.com